交通事故の保険

交通事故にあってしまったら、健康保険が使えず治療費を全額負担しなければならないとよく言われます。
そのため、交通事故に遭うと医療費をとてもとられるものだと思われがちです。
一般的にわたしたちは仕事の種類に応じてなんらかの公的医療保険に加入しています。
この加入の証明となるのが保険証です。
保険証を提示することで、わたしたちの医療費負担額は3割になります。
しかし、中には健康保険が適応されない場合があり、その中の一つが交通事故の場合であるため、交通事故は健康保険が適応できないと思われるのです。

しかし、事故の加害者が怪我をしている場合、健康保険が使えないと聞いても納得できますが、被害者だった場合、健康保険が使えないとなると全額負担で治療しなければならないことは納得できないものです。
被害者でありながら多額の医療費を負担するというのはひどい話です。

実は、健康保険が使えないと言われるのは、間違った認識です。
交通事故にあった場合使うことができる保健には健康保健以外にも自賠責保険と労災保険があります。
そして、これらの保健は使うにあたっていくつかの決まりがあるため混乱している人がいて誤解が生じています。
そこで、ここでは3つの保健の違いと健康保険の使い方について紹介します。
交通事故は誰もが被害者にも加害者にもなりうることです。
自分は無関係と思わず、事故の被害者加害者になる前に一般常識として知っておきましょう。



<注目サイト>
弁護士に交通事故被害の慰謝料・示談金増額の相談ができます … 交通事故被害 弁護士

Copyright © 2014 交通事故に使えない保険があるって本当? All Rights Reserved.